ハートと人形

乳癌には再発と転移がありますがそれに見合った治療法があります

良いたんぱく質にする

医者と看護師

免疫沈降と共免疫沈降というのは、特定のたんぱく質やたんぱく質の複合体を濃縮することや精製することです。実験には、必要にされる量と純度のあるたんぱく質にするには経験的なものが入ります。

もっと見る

再発と転移の怖さ

婦人

完治してからでも再発や転移するという怖さ

乳癌になった場合に怖いのが完治をしたにも関わらず、また癌になってしまう再発です。また、転移することも乳癌の怖さになります。乳癌の再発は、手術後3年以内に起こることが多いです。しかし、3年を過ぎたからといって安心は出来ません。乳癌の再発は、5年から10年という月日が経っても再発する可能性はあります。転移とは、元々がん細胞があった場所から血液などから臓器に運ばれて、そこに新しいがんを作ってしまいます。再発と転移の症状は、皮膚に赤みが出来たりすることや皮膚にしこりが出来ることで発覚する場合が主な症状になります。しかし、乳癌の転移は骨や臓器に出来ることが多い為、症状が出ない場合があります。

がんの状況に合った治療法を医師と探しましょう

乳癌の再発と転移の際の治療の流れは、局所再発の時にはがんの根から完治を目指す治療をします。これは、乳棒切除術を行います。術後に放射能での治療や薬物による治療へと移ります。また。局所再発の場合にはがんの進行具合や状態によって対処が変わることがあります。遠隔転移の時には、目に見えないがん細胞が他の箇所にも存在している可能性があります。ですから、広範囲に効果が得られる薬物療法が基本です。外科療法は行わずに、薬物療法で完治する見込みがなくなってきた場合には別の方法に切り替えます。転移箇所によってそれぞれに合った治療法を組み合わせて行います。他にも、化学療法やホルモン療法があります。転移の時には、様々な治療方があるので自分に合っている方法を医師と共に選びましょう。

誰もが気をつける

ナース

糖尿病には、いくつかの初期症状があります。症状を把握しておけば対処が遅れることはありません。発症しないために生活習慣を良くすることが予防にもなるので、生活習慣を見直しましょう。

もっと見る

血糖値の下げ方

診断

血糖値を下げる方法には、有効なものがあります。運動と食事を正しい方法で行えば、血糖値を下げることが出来るでしょう。これらは、予防にもなるので積極的に取り組むことをおすすめします。

もっと見る